意外な倉庫活用術!倉庫はトランクルームにもなります

倉庫は製品を保管しておくためのスペース

工場で生産された製品は一旦倉庫の中で保管され、注文を受ける事で流通されることになります。倉庫で保管される品物は電化製品などのような完成しているものだけではなく、電化製品を製造するために必要な部品が保管されていることもあります。部品は工場に出荷され、工場で生産された品物が再び倉庫に戻ると言う物流の流れが在るのが特徴です。製品もしくは部品は倉庫に一旦保管された後に流通されるなど、物づくりの流れには倉庫と言うものが欠かせない存在になっているということなのですね。

空きスペースを利用して貸すことも可能

物流は保管および輸送という2つが主体となる業種です。保管においては倉庫が利用されることになりますが、物流会社の中には1つの倉庫を複数の会社に貸し出しているケースもあります。例えば、倉庫の1階部分はA社、2階部分はB社と言った具合に、異なる企業に倉庫スペースを貸し出すことで利益を出しているわけです。また、倉庫スペースの中に空きが生じた場合には、空きスペースを貸すことも可能です。倉庫と言うと企業が借りると言ったイメージが有るかと思われますが、トランクルームなどの場合は個人の人が第二の収納スペースとして活用される事も多くなっているのです。

トランクルームの中には倉庫を利用した施設も

トランクルームと言うと、ビルのワンフロアーを改良し、個室を複数作り、それぞれの空間を利用する施設と言ったイメージを持たれている人も多いかと思われますが、大きな倉庫などの空きスペースを利用したトランクルームもあります。元々倉庫は荷物の保管場所として利用される施設ですが、トランクルームとして利用する場合にはセキュリティが求められるため、ビルのワンフロアーの中に作られているのと同じように倉庫内に個室の空間を作り、利用者が預けている荷物を大切に保管できるような工夫が取られています。

3PLとは、サードパーティーロジスティクスの略語で、物流機能を専門業者に丸ごと委託する事をいいます。