印刷用紙には種類があった?!印刷用紙の種類3選!

艶のある光沢紙とは?!

光沢紙はコート紙と呼ばれることもあります。名前の通り紙の表面に光沢があるのです。触るとつるつるとしている特徴があります。特殊な薬品が紙の表面に塗られているため、色鮮やかに印刷することが出来るでしょう。主に光沢紙が使われるものとして挙げられるのは、広告や女性ファッション紙、ポスターなどですね。写真が多く使われているものや、色を多く使うものを印刷する時は色鮮やかに写った方が良いので、光沢紙を使用すると良いでしょう。

マット紙はどんなものに使用すると良い?!

マット紙は紙の表面に光沢を無くすためにつや消しが施されています。そのため、紙の触り心地はサラサラとしているでしょう。印刷すると、色が少し薄く写るため、優しい雰囲気になります。神の表面がテカテカしていないので、光が当たる場所で見ても、文字が見やすいですね。マットを使うと良いものは、会社案内などです。光が当たっている場所で見ても、とても見やすいでしょう。また、マット紙は名刺などに使用することも多いですね。

普通紙とはどんな紙?!

普通紙は神の触り心地がザラっとしている特徴があります。表面に特殊な加工は施されていません。鉛筆で文字が楽に書けますし、書いた文字も見やすいでしょう。そのため学習ノートや自由帳などによく使用されています。加筆性のある印刷物を作る場合、普通紙が一番良いですね。例えばアンケートや会議などメモをすることになる書類、宿題プリントなどを印刷する場合などです。普通紙は用紙の値段的にも安価なので大量に印刷しなければいけない時に助かりますね。

封筒印刷業者は、業者によりこだわりがあり、違いも多いです。こちらの要望を細部まで受け入れてくれるところを探しましょう。