代理店と明記せずに運営している業種には注意しよう

保険会社は代理店を上手く利用しています

保険会社の販売代理店は、一般的な利用者から見ても明らかに代理店として認識されているので、代理店に問題があれば保険会社に苦情を申し立てることですぐに改善されます。本業の保険業務と営業を行う代理店による拡販を明確に分けていることが、ビジネスを行う上で自由に販売促進出来る環境を作っているのでしょう。代理店と明確に謳われていることで、下手なことをすると代理店契約自体を打ち切られる可能性から、強引な営業を防ぐ役割があります。

フランチャイズ運営をしている業種もあります

代理店の形態としてフランチャイズシステムを積極的に取り入れている業種があります。飲食店のチェーン店を全国に展開する手法として、フランチャイズシステムを採用すれば、食材調達とコーディネーターの定期的な派遣で店舗数を一気に増やせます。事業展開に行き詰った店舗のみ自動的に淘汰されて行くので、本部としてはロイヤリティーを稼ぎつつ事業拡大に繋げられるメリットが得られるわけです。フランチャイズ運営による手法は、小型店に多く大規模店では少ない傾向があります。

携帯電話会社のキャリアショップは代理店が大半

代理店による営業が大半を占めているにも関わらず、いかにも直営店のように振る舞っている業種が一部ではあり、問題となっています。携帯電話会社のキャリアショップについては、直営店はごく僅かで大半は代理店による営業ですが、利用客の多くが直営店と誤認して来店している現状があるわけです。業務委託というわけでもなく、単なる代理店に対して代理店と名乗ることを禁止しており、携帯電話会社のブランドイメージにも影響が出ている地域も出ています。代理店と明示した運営が出来るよう改善されると良いですよね。

代理店の募集に関心を持っているなら、いくつかのチェックポイントがあります。希望の職種を明確にして、起業に必要な経費を計算しましょう。